福祉経営情報
福祉経営情報
文書作成日:2020/04/30


 少子化の進展に伴う若年人口の減少により、今後は若年労働者の採用が難しくなっていくことが予想されます。ここでは昨年12月に発表された調査結果(※)から、福祉施設等における若年労働者の有無などをみていきます。




 上記調査結果から、福祉施設等(以下、医療,福祉)の事業所における2018年時点の若年労働者(満15〜34歳)の有無をまとめると、表1のとおりです。



 若年労働者がいる割合は69.3%で、調査全体の結果である総数の76.0%より6.7ポイント低くなっています。
 なお、前回調査が行われた2013年の医療,福祉の若年労働者がいる事業所の割合は74.9%であり、医療,福祉の事業所における若年労働者がいる割合は、低下していることがわかります。




 次に全労働者に占める若年労働者の割合をまとめると、表2のとおりです。



 医療,福祉の全労働者に占める若年労働者の割合は25.9%で、4分の1強です。前回調査では27.8%なので、若年労働者がいる事業所割合と同様に、こちらも低下しています。
 なお、若年労働者の種類別では、若年正社員の割合が20.8%、正社員以外の若年労働者が5.0%で、若年正社員の割合が高いことがわかります。また、総数と比べても若年正社員の割合が高い状態です。




 中長期的な施設の経営を考えると、若年労働者を採用し定着させていくことが重要です。特にせっかく採用した若年労働者が早期に退職してしまうことは、避けたいところです。上記調査結果によると、若年労働者がいた医療,福祉の事業所で、過去1年間に自己都合により退職した若年労働者がいた割合は42.5%でした。うち、若年正社員の割合が36.1%です。退職理由は不明ですが、若年正社員の退職割合は総数の28.7%よりも高くなっています。

 若年労働者の定着には、採用時の詳細説明にはじまり採用後の教育訓練など、さまざまな場面での対策が必要になります。若手職員が定着しない施設等では、まずは自施設の対応が十分かどうか、現状確認をされてはいかがでしょうか。


(※)厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況
 調査対象産業に属する5人以上の常用労働者を雇用する事業所から抽出した17,112事業所を対象に、平成30年(2018年)10月1日の状況を調査しています。有効回答率は55.3%です。表中の数字は四捨五入の関係で100にならない場合があります。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
TEL: 059-269-6578
FAX: 059-269-6579
助成金・就業規則
労働トラブル対応
お気軽に問合せ下さい。
メールはこちらから 

BESTPTメールマガジン
人事労務情報
医療福祉情報
助成金最新情報
毎月メールでお届けします。
購読の申し込みはこちらから




  
主な業務内容
人事労務相談
職務分析評価
キャリアパス設計
賃金制度設計
労務監査
育・セミナー
助成金活用
各種診断
入退社手続き代行
就業規則作成
給与計算代行 
障害年金申請代行 


 

Web診断
診断名をクリックしてください。

 助成金診断
 就業規則診断
 法人成り診断
 就業規則労務リスク診断

参考資料として
お使いください。