医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2020/08/27
オンライン診療、4月〜6月の利用者の4割弱が10歳以下

 現在のコロナ禍では、時限的・特例的な取扱いとして、初診からの電話による診療やオンライン診療が認められています。
 実際にどれくらいがこれらの診療を行ったのか、その実績データが厚生労働省の検討会で公表されています。確認しましょう。

 実績データは、8月6日に厚生労働省で開催された「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」の中で示された、「資料2 令和2年4月〜6月の電話診療・オンライン診療の実績の検証について」にあります。

 初診からの電話診療とオンライン診療の件数は、下のようになりました。電話診療は、オンライン診療の件数の約2倍となっており、電話診療の方が利用者が多いことが分かります。

厚生労働省「資料2 令和2年4月〜6月の電話診療・オンライン診療の実績の検証について」https://www.mhlw.go.jp/content/10803000/000657020.pdf

 また、利用した患者を年齢別にみると、以下のとおり、電話診療、オンライン資料ともに、「0〜10歳」が最も割合が高い結果となっていました。次いで、「31〜40歳」です。

  1. 電話診療:(割合の上位3位)
    • 0〜10歳 28.30%
    • 31〜40歳 16.23%
    • 41〜50歳 13.33%
  2. オンライン診療:(割合の上位3位)
    • 0〜10歳 37.41%
    • 31〜40歳 17.60%
    • 21〜30歳 14.01%

 なお、受診要因となった疾患、医師の対応や処方等についてもデータでまとめられています。詳しくは、以下のURLよりご確認ください。

参考:
厚生労働省「第10回オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討
資料2 令和2年4月〜6月の電話診療・オンライン診療の実績の検証について」PDF


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
TEL: 059-269-6578
FAX: 059-269-6579
助成金・就業規則
労働トラブル対応
お気軽に問合せ下さい。
メールはこちらから 

BESTPTメールマガジン
人事労務情報
医療福祉情報
助成金最新情報
毎月メールでお届けします。
購読の申し込みはこちらから




  
主な業務内容
人事労務相談
職務分析評価
キャリアパス設計
賃金制度設計
労務監査
育・セミナー
助成金活用
各種診断
入退社手続き代行
就業規則作成
給与計算代行 
障害年金申請代行 


 

Web診断
診断名をクリックしてください。

 助成金診断
 就業規則診断
 法人成り診断
 就業規則労務リスク診断

参考資料として
お使いください。