医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2019/09/05
「高齢社会白書」にみる介護の現状

 令和元年版「高齢社会白書」が公表されました。

 高齢社会白書は、高齢社会対策基本法に基づき、平成8年から毎年政府が国会に提出している年次報告書です。今回の高齢社会白書は、高齢化の現状と対策の実施状況を報告するとともに、令和元年度の対策についてもまとめられています。

 今回はこの中から、「介護」についての報告に注目します。

@ 介護が必要になった主な原因

 要介護者等について、介護が必要になった主な原因を割合の高い順に並べると、

  1. 「認知症」18.7%
  2. 「脳血管疾患(脳卒中)」15.1%
  3. 「高齢による衰弱」13.8%
  4. 「骨折・転倒」12.5%
の順となっており、男女別では、
  • 男性…「脳血管疾患(脳卒中)」23.0%
  • 女性…「認知症」20.5%
が特に高くなっています。

A 介護に要する時間

 同居している主な介護者が1日のうちに介護に要している時間を見ると、要介護4では45.3%、要介護5では54.6%が、ほとんど終日介護を行っていることが分かりました。

B 介護施設等の定員の推移

 最後に、介護施設等の定員に注目すると、全体では増加傾向にあり、特に

  • 介護老人福祉施設(特養)
  • 有料老人ホーム
  • 介護老人保健施設(老健)
等の定員数が多いことが分かります。近年特に定員数が増加しているのは、
  • 有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
です。


 令和元年版の「高齢社会白書」は、以下の内閣府サイトで公表されています。


内閣府「令和元年版高齢社会白書(全体版)(PDF版)


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
TEL: 059-269-6578
FAX: 059-269-6579
助成金・就業規則
労働トラブル対応
お気軽に問合せ下さい。
メールはこちらから 

OCCメールマガジン
人事労務情報
医療福祉情報
助成金最新情報
毎月メールでお届けします。
購読の申し込みはこちらから


事務所案内
 オフィス
コンセプト
コンテンツ
アクセス 
プライバシーポリシー


  
主な業務内容
人事労務相談
職務分析評価
キャリアパス設計
賃金制度設計
労務監査
採用・育成
助成金活用
適性診断
パーソナリティ診断
リーダー診断
入退社手続き代行
就業規則作成
給与計算代行 
障害年金申請代行 


 

Web診断
診断名をクリックしてください。

 助成金診断
 就業規則診断
 法人成り診断
 就業規則労務リスク診断

参考資料として
お使いください。