医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2019/08/22
平成30年の死因、「老衰」が第3位に

 厚生労働省より「平成30年(2018)人口動態統計月報年計(概数)」が発表されました。今回はこの内容に注目します。

 平成30年の出生数は、過去最少の918,397人で、前年より27,668人減少しました。合計特殊出生率は、1.42(対前年比0.01 ポイント低下)です。

 死亡数は前年比22,085人増の1,362,482人で、こちらは戦後最多となりました。自然増減数は、過去最大の減少幅となる△444,085人です。

 死亡数を死因順位別にみると、第1位は「悪性新生物<腫瘍>」で373,547人(死亡率(人口10 万対)は300.7)、次いで第2位「心疾患(高血圧性を除く)」208,210 人(同167.6)、第3位「老衰」109,606 人(同88.2)、第4位「脳血管疾患」で108,165 人(同87.1)でした。

 「悪性新生物<腫瘍>」は調査開始より一貫して増加し、昭和56年から第1位となっています。平成30年では全死亡者の27.4%を占め、およそ3.6人に1人が悪性新生物<腫瘍>で死亡していることとなります。

 今回第3位となった「老衰」は、昭和22年をピークに減少傾向が続いたものの、平成13年から死亡数、死亡率ともに増加を続けてきました。そして今回の調査で全死亡者に占める割合は8.0%となり、脳血管疾患にかわり第3位となりました。


 調査の詳細は、以下のサイトでご確認ください。


厚生労働省「平成30年(2018)人口動態統計月報年計(概数)の概況


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
TEL: 059-269-6578
FAX: 059-269-6579
助成金・就業規則
労働トラブル対応
お気軽に問合せ下さい。
メールはこちらから 

OCCメールマガジン
人事労務情報
医療福祉情報
助成金最新情報
毎月メールでお届けします。
購読の申し込みはこちらから


事務所案内
 オフィス
コンセプト
コンテンツ
アクセス 
プライバシーポリシー


  
主な業務内容
人事労務相談
職務分析評価
キャリアパス設計
賃金制度設計
労務監査
採用・育成
助成金活用
適性診断
パーソナリティ診断
リーダー診断
入退社手続き代行
就業規則作成
給与計算代行 
障害年金申請代行 


 

Web診断
診断名をクリックしてください。

 助成金診断
 就業規則診断
 法人成り診断
 就業規則労務リスク診断

参考資料として
お使いください。