医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2019/04/25
平成29年の救急出動件数は634万5,517件

 総務省消防庁より、「平成30年版 救急・救助の現況」が公表されました。ここではこのうち、救急に関するデータに注目したいと思います。


 まず、平成29年中の消防防災ヘリコプターを含んだ救急出動件数と搬送人員は、以下のとおりです。

 ◆救急出動件数:634万5,517件
   (対前年比+13万1,889件、割合+2.1%)

 ◆搬送人員:573万8,664人
   (対前年比+11万4,630人、割合+2.0%)


 このうち、救急自動車による救急出動件数と搬送人員は、以下のとおりです。

 ■救急出動件数:634万2,147件
   (対前年比+13万2,183件、割合+2.1%)

 ■搬送人員:573万6,086人
   (対前年比+11万4,868人、割合+2.0%)


 こちらの数字は、いずれも過去最多でした。
 この平成29年中の救急自動車による搬送人員のうち、高齢者(満65歳以上)は337万1,161人で、全体の58.8%となります。また、同じく平成29年中の救急自動車による搬送人員のうち、軽症者(外来診療)は278万5,158人で、全体の48.6%となりました。


 なお、現場到着所要時間は全国平均で8.6分(対前年比+0.1分)、病院収容所要時間は全国平均39.3分(対前年比横ばい)でした。


 以下のサイトで数値等が公表されています。詳細データはこちらでご確認ください。


総務省消防庁「平成30年版 救急・救助の現況


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
TEL: 059-269-6578
FAX: 059-269-6579
助成金・就業規則
労働トラブル対応
お気軽に問合せ下さい。
メールはこちらから 

OCCメールマガジン
人事労務情報
医療福祉情報
助成金最新情報
毎月メールでお届けします。
購読の申し込みはこちらから


事務所案内
 オフィス
コンセプト
コンテンツ
アクセス 
プライバシーポリシー


  
主な業務内容
人事労務相談
職務分析評価
キャリアパス設計
賃金制度設計
労務監査
採用・育成
助成金活用
適性診断
パーソナリティ診断
リーダー診断
入退社手続き代行
就業規則作成
給与計算代行 
障害年金申請代行 


 

Web診断
診断名をクリックしてください。

 助成金診断
 就業規則診断
 法人成り診断
 就業規則労務リスク診断

参考資料として
お使いください。