医療福祉の労務情報
医療福祉の労務情報
文書作成日:2018/09/30


 今回は、通勤途中で立ち寄ったお店でケガをしたときの通勤災害の取扱いについての相談です。




 先日、ある職員が出勤前に買い物に立ち寄った際、階段で足を踏み外して転倒し、ケガをしてしまいました。通勤途中で立ち寄ったことになりますが、このような場合、通勤災害の給付は受けられるのでしょうか。




 通勤災害として認められるためには、@業務に関連し、A職員の住居と業務を行う場所の往復で発生し、その経路が合理的であり、B中断や逸脱がない、という3つの条件を満たしていることが求められます。今回のケースでもこれらのことを確認して、個別に判断することになります。




 労災保険では、業務上発生した災害による職員のケガや病気等(以下、「ケガ等」という)を対象として、治療が受けられ、また休業中の給与の補償が行われますが、通勤途中におけるケガ等についても一定の条件を満たせば、「通勤災害」として業務上の災害と同様に保険給付が行われます。
 通勤災害として給付を受けるためには、そのケガ等が以下の条件を満たした通勤途中で発生していることが求められます。

  1. 業務関連性があること
     職員の移動が業務に関連していることが必要です。つまり、業務をするために(出勤)、または業務が終了したために(退勤)行われる移動である必要があります。
  2. 職員の住居と業務を行う場所の往復で発生し、合理的な経路及び方法であること
     一般的には、職員が住んでいる生活の拠点である場所から、業務を開始または終了する場所の移動である必要があります。ただ、住居や業務の場所は、さまざまな状況が考えられるため、必ずしも職員の自宅、医院とは限りません。例えば、業務の場所については、朝、患者の自宅に直接行く場合、業務の開始場所は医院ではなく患者の自宅となる場合があります。
     また、この移動においては合理的な経路及び方法である必要があります。合理的な経路は、最短ルートに限らず、通常利用するルートや交通事情により迂回したルートも含まれます。
  3. 中断及び逸脱がないこと
     通勤途中に、買い物やレストランで飲食をする等、通勤とは関係のないことを行ったり(中断)、通勤の目的以外の理由で経路を外れたり(逸脱)することがあります。この中断や逸脱をした場合、その後に本来の経路に戻ったとしても、中断や逸脱以降においては原則として通勤と認められません。
     ただし、経路近くの公衆トイレを利用する等、ささいな行為や、中断や逸脱が日常生活上必要な行為を最小限行い、合理的な経路に戻った後の移動については、通勤として認められています。日常生活上必要な行為とは、例えば日用品の購入、選挙権の行使、病院での診察のほか、父母等の介護が挙げられます。

 労災保険上、通勤と認められたときのみに通勤災害として給付が行われるため、実際に通勤途中にケガ等が発生した場合は、当該職員から詳細な情報を確認するようにしましょう。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
TEL: 059-269-6578
FAX: 059-269-6579
助成金・就業規則
労働トラブル対応
お気軽に問合せ下さい。
メールはこちらから 

OCCメールマガジン
人事労務情報
医療福祉情報
助成金最新情報
毎月メールでお届けします。
購読の申し込みはこちらから


事務所案内
 オフィス
コンセプト
コンテンツ
アクセス 
プライバシーポリシー


  
主な業務内容
人事労務相談
職務分析評価
キャリアパス設計
賃金制度設計
労務監査
採用・育成
助成金活用
適性診断
パーソナリティ診断
リーダー診断
入退社手続き代行
就業規則作成
給与計算代行 
障害年金申請代行 


 

Web診断
診断名をクリックしてください。

 助成金診断
 就業規則診断
 法人成り診断
 就業規則労務リスク診断

参考資料として
お使いください。