医療経営情報
医療経営情報
文書作成日:2022/08/31

 医療広告には一定の規制が設けられています。ここでは、今年3月に発表された調査結果(※)などから、広告可能な専門性資格等を持つ診療所の医師数をみていきます。

 調査結果などから、広告可能な専門性に関する資格および麻酔科標榜資格(以下、資格等)別の診療所の医師数をまとめると、下表のとおりです。

 2020年の結果をみると、最も医師数が多いのは総合内科専門医で、9,656人でした。次いで、消化器病専門医と眼科専門医、整形外科専門医が6,000人を超えました。その一方で、一般病院連携精神医学専門医と熱傷専門医、脳血管内治療専門医は50人未満となっています。

 2018年からの増減率では、周産期(新生児)専門医やがん薬物療法専門医、婦人科腫瘍専門医、生殖医療専門医が20%以上増加しました。反対に最も減少率が高いのは、細胞診専門医の-5.6%でした。

 診療所の医師総数から資格なしの医師数を除いた、何らかの資格等を持つ医師数は6割を超え、その数は2018年から増加しています。こうした資格等は、患者が医療機関を選択する際に役に立つ情報でもあり、今後も種類によって、資格等を持つ医師数は増えるでしょう。

(※)厚生労働省「令和2(2020)年医師・歯科医師・薬剤師統計の概況
 2022年3月に発表された医師、歯科医師、薬剤師を対象にした調査です。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
TEL: 059-269-6578
FAX: 059-269-6579
助成金・就業規則
労働トラブル対応
お気軽に問合せ下さい。
メールはこちらから 

BESTPTメールマガジン
人事労務情報
医療福祉情報
助成金最新情報
毎月メールでお届けします。
購読の申し込みはこちらから
お役立ち情報ブログ
新しい助成金情報
支給申請のポイント

スマホQRコード
ブログQRコード

Web診断
診断名をクリックしてください。

 助成金診断
 就業規則診断
 法人成り診断
 就業規則労務リスク診断

参考資料として
お使いください。



  
主な業務内容
人事労務相談
職務分析評価
キャリアパス設計
賃金制度設計
労務監査
育・セミナー
助成金活用
各種診断
入退社手続き代行
就業規則作成
給与計算代行 
障害年金申請代行 


 

Web診断
診断名をクリックしてください。

 助成金診断
 就業規則診断
 法人成り診断
 就業規則労務リスク診断

参考資料として
お使いください。